くすりの富山で約50年健康食品OEMなら協和薬品

商品開発をお考えの方は無料相談、こちら

076-429-7722

企業情報

  1. トップページ
  2. 企業情報
  • 採用情報
  • 社会活動

概要

社名 協和薬品株式会社
本社 〒939-8152
富山県富山市経力163番地
TEL.076-429-7722
FAX.076-429-7725
本社工場 〒939-8152
富山県富山市経力163番地
参加団体 公益財団法人
日本健康・栄養食品協会 会員
http://www.jhnfa.org/
一般社団法人
全国ローヤルゼリー公正取引協議会 会員
http://www.rjkoutori.or.jp/
代表者 代表取締役 蜷川 雄一
設立 1978年(昭和53年)12月16日
資本金 9,980万円
業務内容 健康食品の企画・製造・販売
化粧品、医薬部外品の製造・販売
医薬品の卸
保有業許可 医薬品卸売販売業
化粧品製造販売業
食品添加物製造業(小分け製造に限る)
愛がん動物用飼料製造業
いわゆる健康食品の製造・加工業

代表メッセージ

健康産業のパイオニアとして「もっと健康に」を追究し続ける事。それが、協和薬品の使命です。
その企業理念のもと、安心・安全・高品質なものづくりをめざし、すべての人に元気と健康をモットーに、私たちの製品を手にするお客様の顔を浮かべながら、協和薬品はこれからも挑戦し続けます。

協和薬品株式会社
代表取締役
蜷川 雄一

事業所

沿革

1972 富山市四ツ葉町に『北陸クロレラ食品有限会社』を
資本金250万円にて設立
1978 『北陸クロレラ食品有限会社』の子会社として
『協和薬品株式会社』を資本金300万円にて設立
1986 医薬品卸売一般業を開始
1990 所在地を富山市経力に移転
1999 『北陸クロレラ食品有限会社』の全営業権を譲り受ける
2001 新工場建設
2004 『北陸クロレラ食品有限会社』を合併。資本金9,980万円とする
2005 自動倉庫新設
2010 日本健康・栄養食品協会GMP認証取得
医薬品製造販売業許可取得
本社

お問い合わせはこちら

健康食品・ドリンクOEM等に関するご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

平日:9:00〜17:00(土日祝日休み)

076-429-7722
インターネットでのお問い合わせ

※ご返信にお時間を頂く場合があります

協和薬品では、以下の職種について新卒採用を実施しております。
募集職種・応募資格は以下の通りです。
応募を希望される方やご質問のある方は応募要項をご確認の上、お問合せ下さい。

募集職種 営業職
勤務地 富山
応募資格
(必要なキャリア)
四大卒以上
就業時間 8時45分~17時30分
待遇 当社規定による
諸手当 営業手当:家族手当
勤務地手当:通勤手当
役職手当:住宅補助手当
賞与・昇給 賞与年2回(7月・12月)
昇給年1回(4月)
休日 土曜・日曜・祝日・夏季・年末年始
年間休日125日
(当社カレンダーによる)
休業制度 育児休業制度・介護休業制度
福利厚生 社会保険(健康・厚生年金・雇用・労災)
財形 退職金制度 慶弔見舞金 親睦会 旅行 他
連絡先 人事課

ご応募及び採用についてのご質問は、電話または応募フォームより受け付けています。

FAX

076-429-7725

MAIL

協和薬品では、以下の職種についてキャリア採用を実施しております。
募集職種・応募資格は以下の通りです。
応募を希望される方やご質問のある方は応募要項をご確認の上、お問合せ下さい。

募集職種 営業職
勤務地 富山
応募資格
(必要なキャリア)
健康食品及び関連業界の経験者
就業時間 8時45分~17時30分
待遇 当社規定による
諸手当 営業手当:家族手当
勤務地手当:通勤手当
役職手当:住宅補助手当
賞与・昇給 賞与年2回(7月・12月)
昇給年1回(4月)
休日 土曜・日曜・祝日・夏季・年末年始
年間休日125日
(当社カレンダーによる)
休業制度 育児休業制度・介護休業制度
福利厚生 社会保険(健康・厚生年金・雇用・労災)
財形 退職金制度 慶弔見舞金 親睦会 旅行 他
連絡先 人事課

ご応募及び採用についてのご質問は、電話または応募フォームより受け付けています。

FAX

076-429-7725

MAIL

協和薬品は、豊かな生を育む
社会貢献活動に取り組んでいます

「ストップエイズ機構」の法人会員としてアフリカエイズ孤児たちのサッカー活動を支援

社会貢献活動は、いまや企業が担うべき使命のひとつ。協和薬品は健康食品のOEM企業という立場から、豊かな生を育む活動に取り組みたいと考えてきました。
そこで出会ったのが特定非営利活動法人『ストップエイズ機構』。
「エイズで親を亡くしたアフリカの子供たちに勇気と希望をあたえる」という趣旨に賛同し、現在、法人会員として当機構のアフリカエイズ孤児サッカープロジェクトに参加しています。

国連本部でのアフリカエイズ孤児サッカープロジェクトオープニングセレモニーにて(2006年10月25日)
オープニングセレモニーで子供たちと記念撮影をする松本前社長
「ストップエイズ機構」理事長の安部とみ子氏、名誉理事のアフリカ各国大使のみなさんと東京でのミーティングの際に

アフリカの子供たちに生きる勇気と希望をあたえるため設立された「ストップエイズ機構」

特定非営利活動法人『ストップエイズ機構』は、内乱、貧困、エイズなどで苦しむアフリカの子供たちに生きる勇気と希望をあたえるべく設立された団体。アフリカ各国の駐日大使の協力もいただきながら、エイズ治療施設の支援やスポーツ文化活動をおこなっています。
その一環であるアフリカエイズ孤児サッカープロジェクトは、2010年までにアフリカ各国で子供たちのサッカー大会、2010年に全アフリカの子供たちのサッカー大会の開催を目指すもの。日本や世界の人々との交流も視野に入れながら、着実に推進されています。

「協和薬品」の名前が入ったユニフォームは、アフリカエイズ孤児サッカープロジェクトのセレモニーなどでアフリカの子供たちが着用

「ストップエイズ機構」の一旦を担いその活動をさらに飛躍させるために

協和薬品は特定非営利活動法人『ストップエイズ機構』の法人会員として、当機構を飛躍させる一端を担うため、さらに積極的に活動に参加していく所存です。
エイズ治療施設やスポーツ文化活動への支援はもちろん、人間本来の免疫力・治癒力を高める植物性乳酸菌ラブレを広く伝えていくなど、様々な方法・手段を検討しながら、可能な限り力をつくしていきたいと考えています。

お問い合わせはこちら

健康食品・ドリンクOEM等に関するご相談・ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

平日:9:00〜17:00(土日祝日休み)

076-429-7722
インターネットでのお問い合わせ

※ご返信にお時間を頂く場合があります